--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.09

大山トレッキング

Category: 未分類
ここに引っ越してから十数年、
毎日ベランダから大山の四季を感じていたが、いつかは登りたいと~
 
120709-01ohyama view
意を決して、きょうは大山トレッキングだ

120709-02ohyama way01 
120709-03chable car way 
120709-04ohyamacable station 
120709-05cablecar.jpg
大山第二駐車場に車を止めて、
お土産物屋・食堂街を通って、駐車場から15分で大山ケーブル駅に到着
ここから男坂・女坂のルートもあるが、きょうはケーブルカーを利用

120709-06view of cablecar 
120709-07afurijinja station
ケーブルカーに乗ること6分で、標高678mの阿夫利神社駅に到着。

120709-08sandou01 view
駅からの参道は、どこかで観た風景のようだった、
以前行った御岳山のロケーションとよく似てる

120709-09sandou view02 
120709shomosha.jpg
120709-10ohyama afurijinja
階段を上がって大山阿夫利神社下社で参拝だ~、
意外と大きくて、キレイだったのにはビックリ

120709-11oharai.jpg
そして、祈祷所で自らお払いをして、トレッキングの安全祈願

120709-12ohyama way02
早速、大山を目指してトレッキング開始

120709-13ohyama way03 
120709-14ohyama way04
ひたすらダラダラと岩場の階段を登ったが、30分程で体の異変を感じた・・・、
前日の深酒と睡眠不足と湿度で、胸がムカムカ
体が重くて足が上がらない~

休み休み登って汗が吹き出て、アルコールが抜けたら少し快調、
なんとかいけそうな感じになってきた

120709ohyama way 
120709-15tengunohanatsukiiwa.jpg
天狗の鼻突き岩に着く頃には、たいぶ体も楽になってきた

120709-16fujimidai.jpg 
120709-17view of fujimidai
平日にも関わらず、トレッカーは意外と多かった、
みなさんとおしゃべりしながら登ったら、気分も高揚~

やっと富士見台にたどり着いた、
残念ながら富士山を望むことはできなかった

120709-18bunki.jpg
それから、ヤビツ峠からの分岐点に到着、
この鳥居から頂上までは僅かだ、もう少しだと思うとパワーが漲って足取りも軽い

120709-19afurijinja honsha 
120709-20ohyama top01 
120709ohyma top
120709-21ohyama top02
そして、阿夫利神社下社を出発して2時間、
標高1,252mの大山山頂へ到着
山頂でのおにぎりは、下界では味わえない程美味かった~
お茶とスポーツ・ドリンクを持参したが、2本とも飲み干して頂上の売店で購入、
こんなに湿度が高くて、暑い日は3本くらいは必要だな 

なんどか挫折しかけた、それでも頂上を制覇できて最高の気分だ、
いい汗かいて、心地いい疲労感を満喫

大山をなめていた自分に反省、結構ハードだったな~
次回は体調を整えて再トライしよう

120709-22view of ohyama
本来ならば、ここからわが家が望めるはずだったが、
ガスっていて、視界不良

120709-23afuri jinja way01 
120709way.jpg
120709-24afuri jinja way02
下山は見晴台経由だ、帰りはパワー・アップでスイスイ、
何人のトレッカーを抜いたことか~

120709-25miharashidai.jpg 
120709-26view from miharashidai
見晴台からは、やっと視界が開けてきた~

120709-27point.jpg 
120709-28ohyama view02
今度は視界良好の時に来たいものだ~

120709-29nijyunotaki.jpg
二重の滝では心地よい清涼感が~

120709-30ohyama afurijinja shimosha
出発して3時間半、阿夫利神社下社へ戻る事ができた

120709-31view from afurijinja station 
120709cable car
120709-32cablecar view
ケーブルカーの駅では、微かに湘南のロケーションを望むことができた、
腹がへったので、参道の食事処かんき楼でとろろ蕎麦を食べて帰路に~

120709-33yukaraku.jpg
そして、厚木の日帰り温泉湯花楽で汗ばんだ体を流してサッパリ~、
ゆっくり浸かって、疲れた体も癒された

120709-34cookychara in home
家に帰ったらクッキーとカーラは「なんで自分だけ~」と怒りまくり~

かなり疲れて足腰にきたが、充実して大満足な一日だった

by クキカラP
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。